スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

誰かに聞いてほしい

2009.10.16 *Fri
でも誰にも聞いてほしくない



こわい

通り過ぎる人が私を笑っている気がする

何を笑っているのかは、分からない

でも怖い

息をするのも咎められそうで
指の先を動かすのも咎められそうで
私の存在なんて、有っても無くても同じなのに
そう思考することさえも
否定されている気がする

学生生活は短くて
だからこそ出来ることや
やらなければならないことがたくさんある

分かっているのだ

分かっているからこそ怖いのだ


私たちが今やっていることが
いつの日か報われると誰が言い切れよう

明日をも分からぬ今日にしがみついて
保証されていない明日を夢見て涙を流す

全て無意味ではないのか

いつ無に帰すか分からない努力
いつ実を結ぶか分からない努力

怖くはないか


ある日突然自分の存在がなかったことになる

いつの日か誰かの記憶から消える
生きている以上、仕方ないことだと
割り切って生きていけるのか


私も太宰のように愛した誰かと共に死にたい

アイーダのように愛した誰かのために死にたい

ロミオのように愛した誰かを追って死にたい

ヨカナーンのように愛されるあまり殺されたい

カルメンのように愛の腕の中で殺されたい



私はこの冷たい世界を歩いていく勇気がない
暗い世界に飛び込む勇気がない


全てが怖くて

足の震えが収まらないうちは
誰にも会いたくない

笑われるのが怖い


死ぬのは怖い

でも生きていくのはもっと怖い




暗闇に差し伸べられる手を待っている
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 夕陽の向こう側 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

時雨 湧瀕

Author:時雨 湧瀕
コメントの受け付けはしておりません
ご意見・ご用・ご要望などある方はメルフォからどうぞ


blogram投票ボタン



グーバーウォーク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



マイブクログ



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。