スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

落ちついた

2010.01.06 *Wed
ブララグの感想がイっちまってたから
気を取り直して



まず思ったことは幸せって何だろう、ってこと
レヴィは自分の人生とか境遇を悲観してたし
あれは確かに世界中の不幸を集めたようだったけれども
それでも
煙草ふかして
強い酒煽って
チャカ持って
走り回ってる姿は幸せそうだった
ロックがラグーン協会に来てからはそれが顕著だったんじゃないかな


ブララグが言いたかったのは
多分自分で責任持てよってことなんだ
幸せにするのも自分だし不幸にするのも自分
ロワナプラでは生死すら自分の責任だ

私には守るべきものなんてないから分からないけど
大切なもののためなら何を犠牲にしてもいいっていうダッチの考えも否定はできない


もし私が今死んでも誰も困らない
何人かが悲しんでくれるだけ
それだって希少価値だ
今の私は幽霊と同じ
いてもいなくても何も変わらない
ただそれだけ

でもそれって幸せなことだと思う
生きるも死ぬも今は私に全部委ねられてる
歳を重ねるごとにそれは私だけの問題ではなくなって
社会的立場だとか家族だとかカネだとか
沢山の要素が私の生を拒み、死を拒む


何にも縛られない子供に乾杯


私はこんなつまらない人生が大嫌いだから
もう少し生きてみることにする
楽しくなきゃ、苦労して生きてる意味がない
楽しいと思える日が来るまでまだ死ねない
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 夕陽の向こう側 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

時雨 湧瀕

Author:時雨 湧瀕
コメントの受け付けはしておりません
ご意見・ご用・ご要望などある方はメルフォからどうぞ


blogram投票ボタン



グーバーウォーク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



マイブクログ



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。